才能とは負荷なく自然とついついやってしまう思考と行動のパターンと言われてますが、個人で事業を行う起業家や店舗経営者、フリーランスは、独自の価値を創造しないと生き残れませんので、そこで才能は磨かれ進化します。

とはいえ、受ける仕事の中で「これは自分じゃないとできない」「未知なる挑戦でやりがいある」と思えるものがどれだけあるでしょうか?半分を超えていれば相当ラッキーか自らのブランディングと営業に成功してると言えるでしょう。

スキルの磨き方を知っている人は多くても、才能の磨き方を知ってる人は少ないです。自らの才能とその発動条件を知る人も多くはないですし、才能を磨ける未知なる挑戦の機会に恵まれる人も多くはないでしょう。

その才能を発揮し、磨くことは自己実現欲求を満たし、自分を活かして働く=生きることにつながります。

そのサポートと環境や仕組みをつくるのがまちのタレント事務所の役割であり、それこそが私たちの才能でもあるのです。